「最高に美味しいフレンチ」を堪能している様な洋楽アルバム

心落ち着くアルバム

 

こんにちは!Ayukoです。

昨日名古屋市では観測史上最高が出て40度を超したとか。
真夏の週末、心地良い音楽を流して良い気分で過ごそうではないですか^^

今日は現代のJazzを変えたとも言われている、テキサス州出身のジャズピアニスト、ロバート グラスパーのアルバムを紹介します。

ロバートグラスパーの音楽はジャズをベースにR&B, ロック、ヒップホップなどを結合させた楽曲で、
「Black Radio」は2012年のグラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を獲得。

私、あまり発展しすぎた音楽といいますか、全方位型(何でもあり)といわれる音楽に魅力を感じないことが多いのですが、「ロバートグラスパー」には衝撃を受けました。これはすごいなと。人間の可能性が無限であることを感じさせてくれます。

以下に紹介する、Ayukoお勧めアルバムは、2015年にリリースされたジャズトリオのアルバム「Covered」です。
好みですけど、上記の「Black Radio」より私は気に入っています。

 

 

Robert Glasper  ロバート グラスパー
アルバム名:Covered

Robert Glasper  ロバート グラスパー
アルバム:『Covered』(リリース2015年)

ジャズトリオです。(ベース、ドラム、ピアノ)
とにかく聴いてみてほしいです!最高に贅沢で、豊かな気分になれる一枚。
食べ物に例えると、最高に美味しい現代フレンチを食べている感覚です。
様々な新鮮食材が見事に融合され、美味しい。
是非お試し下さい!

 

「レディオヘッド」「ジョニ・ミッチェル」「ミュージックソウルチャイルド」「ジョン・レジェンド」
などのカバーーアルバムです。曲リストと誰のカバーかを、掲載しておきます。

1. Introduction
2. I Don’t Even Care (Robert Glasper/Macy Gray/Jean Grae)
3. Reckoner (Radiohead)
4. Barangrill (Joni Mitchell)
5. In Case You Forgot (Robert Glasper)
6. So Beautiful (Musiq Soulchild)
7. The Worst (Jhené Aiko)
8. Good Morning (John Legend)
9. Stella By Starlight (Victor Young)
10. Levels (Bilal)
11. Got Over feat. Harry Belafonte (Robert Glasper/Harry Belafonte)
12. I’m Dying of Thirst (Kendrick Lamar)